項目一覧    

返済方法

 

返済方法の種類

【定額リボルビング方式】

・元利定額
元金と利息の合計が毎月一定で、支払額は最後まで変わることはない。
支払いの当初は、返済額に占める利息の割合が多く、支払いが進むにつれて元金の割合が多くなる。
・元金定額
毎月一定額の元金を支払い、それに利息を加えたものが、毎月の返済額となる。
当初、利息が多く付くので、毎月の返済額が多くなり、支払いが進むにつれて返済額が少なくなっていく。

【定率リボルビング方式】

残高合計に対して「毎月3%」など決められた割合だけ支払うという方式。当然のことだが残高は次第に減少していくので、支払いが進むにつれ月々の支払額は少なくなっていく。
【残高スライドリボルビング方式】
この方式は毎月の残高により、支払う金額が変動する方式。定額、定率などがあるが、「元利定額」を採用しているところが多いようだ。例えば残高50万円以下の場合、毎月の返済額は1万円、残高50万円超〜100万円以下は毎月2万円と、残高が増えるごとに返済額も増加していく。
【借入スライドリボルビング方式】
借入額により毎月の返済額が決定する方式。借入額が多い場合、毎月の返済額も多くなり、残高が減っても返済額が変わらないのが特徴である。

【元金均等返済方式】

借入元金を返済回数で割った額に、残高に対する利息を上乗せして返済する方法。
メリット
毎回、一定額の元金を返済していくので、「元利均等返済」に比べて、ローン残高が確実に減り、トータルで支払う利息が少ない。
デメリット
当初の返済額が大きく、返済負担が重くなる。

【元利均等方式】

毎回の返済額(元金と利息の合計)が同じ金額になる方式(住宅ローンに多い)。
メリット
毎回の返済額が同じなので、長期にわたる返済計画が立てやすく、臨時に繰り上げ返済をして支払利息の軽減をすることも可能。
デメリット
返済当初は利息の返済にあてられる割合が大きく、元金が減るペースが遅いこと。

Favorite

借り入れ返済の裏技のページへ