項目一覧    

自己破産

 

自己破産手続の流れ

自己破産手続する際の必要書類は、

・住民票 ・家計の状況
・破産申立書 ・預金通帳の写し
・戸籍謄本 ・免責申立書
・陳述書 ・賃貸契約書の写し
・給与明細書の写し ・不動産登記簿謄本
・債権者一覧表 ・退職金を証明する書面
・源泉徴収票の写し ・車検証の写し
・資産目録 ・自動車の査定書
・市民税 ・保険証券の写し
・県民税課税証明書 ・保険解約返戻金証明書

1 自己破産の申立て
申立人の住所地を管轄する地方裁判所に申立書を提出する。
問題がなければ申立てが受け付けられる。
2 破産審尋
裁判官から支払不能になった状況などの質問を受ける。
3 破産手続開始決定・同時破産廃止決定
破産審尋の数日後に破産手続開始決定がされる。 めぼしい財産がなければ同時廃止の決定がされる。
4 免責の審尋
破産法の改正により行われない場合もある。
5 免責の決定
同時破産廃止決定から1〜2ヵ月後くらい後に決定される。
6 官報に公告
 
7 免責の確定
これで借金が全て無くなる。 裁判官から免責不許可事由に該当することがないか、質問を受ける。

上記の記載は、各裁判所により若干違いもあるので、実際にお近くの裁判所に問い合わせてみるといいだろう。

Valuable information