項目一覧    

世界のキャッシング

 

世界の金利はいったいどうなっているのだろうか?

日本の場合は29.2%というのが金利の上限に設定されている。これはキャッシングだけではなくて、その他の金融全般にも言える金利設定となっている。
ただ、この金利で実際に営業しているのはキャッシング業者くらいだと思うが。

では、国外のキャッシング(消費者金融業)の金利はどうだろうか?

アメリカ合衆国

米国の場合には州政府によって差があるが、8〜36%といったところだろうか。日本よりも圧倒的に金利が低い州がある一方で、日本よりも金利が高く設定されている州もあるようだ。日本でもかつて年利40%という金利が標準であった。米国の一部の州では、当時の日本の金利に匹敵する業者が今でも存在しているようだ。

その他

また、フランスでは10〜18%台となっている。日本の『利子制限法』で定められている金利に近い数字になっている。
イタリアでは、 16〜38%となっており、米国の金利の高い一部の州よりもさらに上の38%という上限が設けられている。
また、隣国の韓国や東南アジア諸国では、そもそも「上限金利」自体が設定されておらず、金利を自由に設定できるシステムになっている。

  • 世界のキャッシング金利事情を考えると、日本の金利と言うのは思っている程に高くはないようだ。また、今後の法改正で、さらに金利が安くなるらしいのでどうなっていくのかとても気になるところである。

pickup

So-net
http://www.so-net.ne.jp/
コスプレ衣装専門店キャラウィッグ通販コス☆コレ
http://coscolle.com/
京都で前撮りをする
http://www.kyoto-maedori.jp/